ANA 採用

ANAのパイロット採用

ANAのパイロット求人は、四年制大学もしくは大学院を卒業する見込みの新卒で、毎年人数にして45人程度を採用しています。

 

給与は2008年度四年制大学卒の初任給が201,848円(諸手当は除く)と、他の企業に比べても高値になっています。
ANAは同業他社に比べて採用試験時の条件が厳しく、各国の事業用操縦士免許を所持している方は応募できない仕組みになっています(jalなど他の航空会社では要相談となっています)

 

また、パイロット試験を受けたことのない方が対象となっているため、一回不採用通知を受けると再チャレンジは不可能というシビアな条件になっています。

 

選考ステップは、会社説明会を兼ねた一次試験(書類審査もここです)から始まり、
面接、適性検査、身体検査、英語コミュニケーション能力テストや論文と、五次の試験にわたるまで様々な課題が課されますが、飛行機を操縦する人材としてどのような人物なのか調べる航空適性検査をたくさん行うのが特徴ともいえます。

 

人気職種の上試験は厳しいですが、飛行機の操縦士となるステップはここから始まっているのです。
一度のチャンスに全力を注いでいきましょう!

 

ANAの採用

ANAでは、新卒・中途社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員といったグループ全体の求人を一括してANAのホームページで行っています。

 

もちろんanaのパイロットや客室乗務員の採用情報もここから調べることができます。

 

グループ会社の求人採用のページでは会社名と業務内容、勤務地などといった情報がリストアップされており、探すのもとても楽な作りになっています。

 

anaの関係会社でアルバイトしてみたい、派遣で働いてみたい方もまずはチェックしてみましょう!

 

 

 

 

ANAの客室乗務員

 

ANAでは客室乗務員を契約社員として雇用しており、新卒・中途・再雇用(ANAで3年以上客室乗務員として勤務しているのが条件)の三つの形式で採用を行っています。
どちらかというとanaは人柄で採用する方針のようです。(最近では、客室乗務員のことをフライトアテンダント(flight attendant)をキャビンアテンダント(CA)と呼ばれています)
給与は時給制で、訓練期間中は1,000円。乗務開始後は1,225円にアップし、飛行機乗務時は手当てとして時給に700円がプラスされます。
そのほか宿泊手当てなどの諸手当がつくようです。勤務時間は常務便により変動し、暦の休日を含むシフト勤務で宿直勤務もあります。
どの採用形式でも求められるのはTOEIC600点以上のスコアと、コンタクト矯正視力が1.0以上あること(眼鏡は不可のようです)と、航空機常務に際しての身体機能に支障がないことが大前提としてあげられます。
ANAの客室乗務員に求められるのは「あんしん、あったか、あかるく元気!」というコンセプトを実現できる人だそうです。そんなANAの客室乗務員試験に、あなたも挑戦してみませんか?

 

 

ANAの中途採用

 

ANAは中途採用も行っており、総合職事務職(2年以上の企業での実務経験を持った人材で、英語や中国語、ハングルに堪能な方を歓迎)や技術職(5年以上の専門知識を必要とする実務経験者で語学堪能な方を歓迎)を募集しています。
採用人数は「若干名」とだけされており、どの部門で何人採用、というのは厳密には決められてはいないようです。
大事なのはそれらに加えて、エアラインビジネスに関心を持ち、顧客の満足度をいかに高められるかと考えられる力と旺盛なチャレンジ精神を持っていることです。航空業界以外からの転職も歓迎しているので、まずはキャリア採用ページでエントリーを!

 

ANAの派遣

 

ANAの派遣ビジネス会社ANAビジネスクリエイト株式会社で募集している派遣業務は、全般的に実務を2年以上経験した即戦力の方を優遇しているようです。
またANA完全出資の会社らしく航空業界や旅行業界に強く、そちらの方面に興味を持っている方にもおすすめです。
スキルとしては事務系のお仕事が多いのでWord(ワード)やExcel(エクセル)などのソフト操作スキルや対人コミュニケーション能力やビジネスマナーがしっかりしていたほうがお仕事も探しやすいかと思います。
福利厚生も充実していて、健康診断が受けられる他厚生年金など社会保険もしっかりしており、福利搭乗制度やツアー利用制度など、ANAのサービスも利用できます。
今、潮留あたりで派遣会社をお探しの方は、ANAビジネスクリエイト株式会社も候補に入れてみてはいかがでしょうか。