公務員の魅力

公務員の魅力とは

多くの人が、なりたいと考えている公務員ですが、その公務員の魅力は、どのようなことがあるのでしょうか。

 

1つ目は、多くの人が思いつくと思いますが、福利厚生の良さです。
給与やボーナスは、民間より多くもらえるケースが多いですし、一般の企業ではなかなか取得が難しい休暇も
公務員なら取ることが可能です。
例えば、市役所職員の平均給与を紹介しますと、東京都武蔵野市で799万円、東京都国立市で792万円です。
このように給与は、とても満足いく金額をもらえるケースがあるのも魅力です。

 

2つ目は、安定した職場環境です。
この不況の中、公務員の安定した環境を求めて、公務員になりたいと考える人も多いと思います。
公務員の地位は、法律で守られていますので、女性は、育児休暇が取りやすく、出産後も仕事を続けやすい環境です。

 

3つ目は、大きなやりがいを感じることができます。
国家や市民の為に、より良い社会を作ろうと仕事をするのですから、やりがいや充実感を感じることができると思います。
公務員になったら、人々の生活を良くする為に働いていることに誇りを持つことができます。

 

4つ目は、職歴に関係なく誰でも受験できるところです。
公務員試験は誰でも受けられるように、フリーターでも働いたことが無い人でも受けることができます。
民間企業では、職歴によっては、書類審査で落とされてしまうことがありますので、今までの職歴に関係なく、誰でも受験できるのも公務員の魅力です。

 

5つ目は、意外に採用人数が多いことです。
公務員と言えば、狭き門というイメージですが、民間企業と比べると採用人数が多い自治体もあります。
全国の雇用総数は、350万人、毎年の求人数は、数万人と言われています。
この数字を聞くと、公務員の採用人数の多さを感じるのではないでしょうか。

 

多くの人が安定した職業に就きたいと思います。
しかも給与やボーナスが、今の職業よりアップして、やりがいも十分ある仕事なら、魅力が十分にあると思います。
こんなに、魅力的な職業だからこそ多くの人が、公務員になりたいと考えるのだと思います。

 

女性は迷わず公務員がおすすめ

 

女性は迷わず公務員をおすすめします。
理由は簡単です。いくつかの面で本当にお得だと思えるからです。

 

1.産休がとれる
大企業に勤めると比較的女性でも産休がとりやすくなってきています。
しかし、まだまだ産休が取れないところがたくさんあります。
ですので、産休がしっかりとれるというところはメリットでしょう。

 

2.育児休暇
しかも、育児休暇もしっかりとれます。
ここで重要なのは、育児休暇後に仕事に復帰しても職場での地位が確保されているという点です。
つまりは、出産後も仕事をしていたときと同じ地位で仕事ができるためお給料がそのままなのです。
これは、薬剤師がアルバイトでどこでも働けるということととても似ています。
しかし薬剤師はなるまでに金額がとても高くつきます。
私立で年間200万だとしても6年間で1200万円はかかりますので、ペイするまでに時間がかかるのです。

 

それを考えると公務員は長期的に働けますし年金や福利厚生で優遇されているのでなる価値は十分にあります。