公務員 中途採用 動機

公務員の中途採用を受ける人の動機とは?

公務員の中途採用を受ける人の動機は、さまざまあるでしょう。
みなさんどのようなことがきっかけで、公務員の中途採用を受けるのでしょうか。

 

まずは、この不況の中、民間企業での競争に嫌気がさし、公務員を目指す人たちです。
会社の経営状態が悪く、ボーナスや給与カットが続いたり、最悪リストラで周囲の人たちがクビを切られていくのを見て
自分がこの会社にいて大丈夫なのかと、将来が不安になった時、公務員のような潰れる心配のない職業に目を向ける人が多いです。

 

多くの人たちが、潰れる心配がなく長く働けることや、リストラの心配がない為に公務員になりたいと思っています。

 

後は、会社の残業時間が多く、身体を壊してしまいそうなので、転職を考えてみたが、
同じ職種の他の企業も同じように長時間労働のところばかりで、思い切って残業時間が少ないであろう公務員を目指す人たちもいます。
公務員になって定時で帰れるところは少ないですが、残業時間が身体を壊してしまうほど多いということはないでしょう。

 

あとは、本当に地域に貢献したいと考え中途採用を目指す人もいます。
他には、難関と言われる公務員試験に挑戦し、自分の実力を試してみたい人もいます。

 

このように中途採用を受ける人の動機はさまざまですが、やはり公務員の安定性と福利厚生の良さに惹かれて受験する人が多いです。

 

ただ、受験の際に志望動機を聞かれた場合、素直に民間企業での長時間労働が嫌であったとか、安定した職業に就きたかったと答えてしまっては
面接での印象はよくありませんので気をつけましょう。

 

また、きちんとした志望動機がなければ、公務員試験のきつい勉強をこなすのは難しいです。
なぜ、公務員になりたいのか、公務員になって何がやりたいのかじっくりと考えることで、
公務員を目指すモチベーションも上がってくると思います。

 

中途採用を受けるきっかけは、さまざまあると思いますが、そこからきちんとした志望動機を考えておくことは大切です。

 

20代であれば迷わず通常の試験

中途採用の試験が受けられるのは、ある程度の実績を積んだ社会人経験のある人が対象にあんります。
ですので、20代前半で公務員になりたいと思った人は、確実に通常の試験を受けたほうが良いでしょう。
また、中途採用試験はかなりの激戦になっているため、合格するのが難しい場合もあります。

 

ただ、中途採用試験の場合のメリットとしては、仕事を務めながらできるため、会社を辞めることがないので安心という点でしょう。

 

逆に、仕事を辞めて勉強に取り組まれる場合には、かなり危険であると言わざるを得ません。

 

仕事を辞めているので給料が入ってこない。失業保険で食いつなぐということしか方法がなくなってしまいます。

 

女性の場合には効率的に稼ぐために夜のお仕事などに行く人も多くなっています。