公務員 中途採用 将来性

公務員を中途採用で受けても将来性はない?(給料や待遇など)

公務員の中途採用に合格して公務員になった後は、どのような給与や待遇が待っているのでしょう。
公務員を中途採用で受けて、公務員になった場合、将来性はあるのしょうか。

 

まず、公務員の中途採用の場合の給与はどうなるのでしょうか。
中途採用の場合の給与は、採用された時の等級によって変わってきます。
前歴換算によって、給与+αされる場合もあります。しかし、自治体によっては、中途採用者でも新卒者採用と同じ等級から始まる場合もあります。
受験前にどのような等級の採用なのか確認しましょう。
しかし中途採用の人のもらえる給与は、同じ年齢で新卒で採用された人と比較すると給与が低くなる傾向があります。
給与面をみるとやはり公務員になるなら、新卒で入った方がいいです。

 

さらに中途採用で合格した場合の待遇ですが、昇給、昇格も素晴らしい活躍がない限り、新卒で公務員になった人よりは難しい傾向にあります。
以上のようなことを考えると、中途採用で合格して公務員になっても給与も待遇も新卒で公務員になるより恵まれていない気がします。

 

とはいうものの、福利厚生がしっかりしていますので、そのような意味では民間企業で働いているより恵まれていると思います。
法律にのっとって休暇や休業もとりやすいです。

 

しかし、このように中途採用で新卒採用より、恵まれない環境にあるのに加えて、国家公務員の場合は、
公務員改革で、給与を2014年3月まで平均7.8%カットされてしまいます。
地方公務員も同じように、給与削減の可能性があります。
この不況の中、公務員だけが給与が削減されないという国民の不満から、今後は、一般企業なみに給与が下がる可能性があるでしょう。

 

また、公務員といえば、リストラのない安定した職業ということで、人気があります。
しかし、今の日本の国の財政は非常に厳しいです。
そのことを考えれば、今後大幅に公務員を減らしていく可能性があります。
ですから、今後決して公務員が安定した職業ということはなくなるでしょう。

 

このようなことを考えると、公務員に中途採用でなっても、ある程度厳しい環境に置かれる可能性があることを考えておく必要があるでしょう。