公務員 中途採用 キャリアチェンジ

公務員の中途採用で技術職から行政職へのキャリアチェンジは可能?

公務員と言えば事務的な仕事をしているイメージが強いかと思いますが、実は技術職もあります。
そんな技術職は、専門知識を要求されます。
技術職の仕事内容は、国家T種の技術職では、知識を活かしプロジェクトの立案、企画したり、公共施設の維持、管理などを手掛けたりします。
国家U種の技術職は、T種の技術職の人たちが立案、企画したものを実施することになります。
地方公務員の技術職の人は、立案から実施まですべて携わることになり、地域に密着した大きな仕事を動かしていくことになります。
今は、この技術系の公務員が事務系の公務員より多く採用される傾向にあります。

 

公務員の中でも事務的な仕事をしている職種を行政職と言います。
行政職は、技術職以外の業務全般を担います。自治体によっては、一般事務と呼んでいる場合もあります。

 

では、公務員の技術職をしている人が、行政職へキャリアチェンジすることは可能なのでしょうか?
それはもちろん中途採用試験で合格すれば、技術職から行政職にキャリアチャンジすることは可能です。
中途採用試験の際は、どうして行政職にキャリアチェンジしたいのかきちんと言えるようにしておきましょう。
行政職は、事務経験がなくてもなることができますし、技術職よりも募集数が多いです。

 

公務員の中には、技術職が向かずに行政職になりたいと考える人は結構いるようです。
逆に、行政職から技術職というのは、技術職が専門知識を必要とするケースが多い為になかなかないようです。

 

公務員から公務員へ転職するというのは、キャリアチェンジというケースもありますが、
国家公務員から自分の地元に戻って地方公務員になったり、他の自治体の公務員に転職したりというケースもあるようです。
公務員試験を一度しっかりと勉強して合格しているので、それなりに公務員試験対策が出来ている為、勉強もスムーズに進むでしょう。

 

公務員になったものの、やはり仕事が合わなかったり、意外に激務で耐えられなかったり、将来が見えなく、他の仕事に就きたいと考える人はいます。
そこで、今の公務員の職場以外の公務員の仕事を探す人が意外に多いようです。