公務員中途採用 勉強方法

公務員の中途採用の勉強方法とは

公務員に転職を考えて、公務員試験を受けてみようと考えた場合どのような勉強が必要となってくるのでしょうか。
公務員試験の内容は、受験する職種により異なりますが、主に一次試験で筆記試験や論文。二次試験で面接がおこなわれます。

 

もちろん面接も大事ですが、なにより一次試験の筆記で高得点をとることが合格の鍵となってきます。
筆記試験の内容は、ほとんどが高校卒業レベルの問題のようです。まれに大学卒業レベルの知識を要求してくるところもあります。

 

民間の企業では、筆記試験はわりと簡単な企業が多く、どちらかというと面接重視のところが多いですよね。
しかし、公務員試験は、筆記試験を合格するのもとても難しいようです。それは、やはり人気が高い為に、人数をある程度まで絞り込むのが理由のひとつです。

 

筆記試験を合格するためには、個人差もありますが毎日1日8時間の勉強を1年間続けることが必要なくらい大変なようです。
ですから、転職を考えている人は、今の仕事をしながら、これだけの勉強時間を確保しないといけないのでとても大変です。

 

公務員試験は、幅広い分野の一般教養が求められる試験です。ですからやみくもに独学で勉強するのは効果的ではないでしょう。
きちんとした試験対策をして、試験の傾向を読む必要があります。
勉強方法としては、本屋で公務員試験対策用の問題集を購入したり、セミナーに参加して勉強するのもいいでしょう。
お金に余裕のある人は、予備校に通うのも手だと思います。あとは、通信講座なんかも利用してみるといいと思います。
このような公務員への就職を支援するサービスを利用すれば、間違った勉強法にはならないと思います。

 

後は、筆記試験の勉強で追われてしまい、まったく面接対策をしていないのも問題です。
自治体により異なりますが、個人面接か集団面接に分かれるようです。
個人面接の場合は、1人対数人の面接官がいるようです。
どこでもたいてい聞かれるのは、「志望動機」です。ですから「志望動機」くらいはきちんと答えられるように準備しておきましょう。
また、こらまでの自分の社会人経験がどのように仕事に活かせるかアピール出来るように準備しておくともっとよいでしょう。