公務員中途採用 収入

公務員の中途採用の一般的な収入とは

実際公務員の中途採用に挑戦しようか迷った時、給与がどれくらいもらえるのかは重要なポイントになると思います。
今の収入と比べて良くなるのか、悪くなるのか気になりますよね。
いくら解雇されることが少なく安泰の公務員でも、給与が今より安くなってしまえば生活にも響いてきますので迷いますよね。

 

では公務員の中途採用で、採用された場合一般的な収入はどの程度もらえるのでしょうか。
まず、国家公務員か地方公務員かで給与も異なります。
あとは、採用された時の等級によって異なってくるようです。
ですから年齢はあまり関係ないようで、30歳でも等級が新入社員と同じ等級で採用されれば、その等級の給与になります。

 

また地方公務員でも自治体により給与は異なるようです。
ですから自分の希望する自治体に給与体系を確認してみましょう。

 

おおまかですが公務員の平均年収は、20代で300万円代、30代で400万から500万円代、40代で600万〜700万円代、50代で800万円代の年収になるようです。
なかなか一般企業で、800万円代の年収をもうらうのは難しいとおもいます。
ですから50代以上の公務員の人は、一般企業の人より多く給与をもらっていると考えられるのではないでしょうか。

 

反対に若い年齢の公務員の人たちは、それほど高い給与をもらっているわけではないようです。
職種や等級にもよりますが、一般的には中小企業の給与よりはよく、大企業の給与よりは低いと考えるといいかもしれません。
ただ、待遇面は一般企業と比べるととてもよく、各種手当や勤務条件はとてもいいようです。
女性においては、産前・産後休暇も取りやすく、職場復帰もしやすいのがとても魅力的だと思います。

 

収入よりもこのような待遇やあとは不況においても給与が大幅に変わらない安定したところが人気の秘密かもしれません。
今のこの不景気でも変わらずボーナスがもらえますからね。
若い年齢で今の仕事で、高額な収入を得ている人には、公務員の収入は若いうちは少し物足りないかもしれないですね。