公務員中途採用 予備校

公務員中途採用に予備校は必要?

公務員中途採用試験を受けるのに自分ではどのように勉強してよいかわからない人は、予備校に通うというのも一つの方法でしょう。
お金はかかってしまいますが、予備校に通うメリットはいくつかあります。

 

その@公務員試験は、民間の企業とは違う独特の試験です。ですから対策を自分で考えるのは難しいでしょう。
   予備校に通えば、試験情報も豊富で、幅広い試験問題の中からポイントを押さえて教えてくれます。
   やみくもに自分で勉強するよりは、かなり効率的な勉強ができることでしょう。

 

そのA予備校にいけば、同じ公務員を目指すライバルたちに出会います。一人で黙々と勉強するよりライバルがいる方が燃えますよね。
   また、刺激し合うだけでなく、同じ公務員を目指す仲間として相談相手にもなってくれるのではないのでしょうか。
   予備校に行かなければ、こういった同じ公務員を目指す人には出会うことも滅多にないですよね。

 

そのB予備校によっては、合格した人たちの体験談が聞くことができます。
   合格した人の話は、役に立つと思いますよね。どんな勉強方法をしたとか是非聞いてみたいですよね。
   面接でどんなことを聞かれたかなんて聞いておくのもいいですね。

 

そのC論文の添削をしてくれたり、面接の練習もしてくれる予備校もあるようです。
   論文の勉強も誰かに見てもらわないとなかなか良し悪しが付けにくいと思います。
   このようなことまでフォローしてくれるのは、うれしいですね。

 

そのD講師に相談できたり、模試で自分の実力を知ることができる。

 

予備校に通う事で以上のようなメリットがありますが、仕事をしながらの予備校通いは大変だと思います。
ですが、逆に独学で勉強するよりも効率的に勉強でき、勉強時間も短縮できるのではないのでしょうか。

 

もちろん予備校に通わなくても合格している人たちはたくさんいると思いますので、必ず通わなければならないと言うわけではないと思います。