博報堂 中途採用

博報堂への転職と紹介会社の使い方

博報堂に転職する際には、紹介会社の使い方はマスターしておいたほうがいいでしょう。

 

転職をには、主に2種類の方法がありますが、現在は、転職者のほとんどが職業紹介会社を使わないパターンで行っていることの方が多いようです。
ただ、それぞれに利点、欠点がありますので、これから転職を考えようとしている方は、この辺を踏まえたうえで上手く使っていくことが出来れば転職も上手くいくのではないかと思います。
受かるための方法にはそれなりにおさえておかないといけないポイントがあります。
それは、履歴書や職務経歴書、面接での受け答え、自分を良く見せるポイントなどです。これは、紹介会社が保有しているノウハウを利用すれば問題ないでしょう。

 

 

博報堂の中途採用について

 

博報堂の中途採用は、人気の高い企業の1つです。
博報堂と言えば、多くの方も知っているかと思いますが、日本でも有数の広告代理店です。
新卒の学生にも大変人気の高い企業となっており、人気企業ランキングなどでは常に上位に位置しています。

 

広告という仕事なので、華やかやクリエイティブというようなイメージが強いので、新卒の学生からの人気が高いのも納得できるかと思います。

 

そして、新卒と同様中途採用の方々にも人気が高くなっています。
今まで広告関係の仕事をしていたければ、次は更なるキャリアアップを目指して博報堂の中途採用にチャレンジする方や今まではまったく広告とは別の業界で働いていたけれど、次は広告業界で働きたいという思いを胸に博報堂の中途採用にチャレンジする人など一言に博報堂の中途採用にチャレンジするといってもその思いは人それぞれのようです。知り合いの例でいうと、有名コンサルティング会社を数年で辞めて博報堂に転職したという例はあります。
全然関係のない業界からでも能力があると感じられれば採用されるということです。

 

 

 

 

博報堂の年収などについて

 

博報堂の歴史について書くと、明治28年創業された広告業界の中の老舗になり、電通と肩を並べています。
現在、広告業界では、電通に次いで国内2位という立ち位置にいますが、世界の広告業界の中で見た場合に、
「アドバタイジングエイジ」が発表した2007年の広告会社グループ売上総利益ランキングによれば、博報堂は8位の売上規模を誇っている企業です。(電通は5位) 1位は、アメリカのOmnicom Group (New York) です。

 

博報堂DYホールディングスで、平均年収は1,300万円程度(平均年齢44歳)
新卒から入社して30歳くらいまでは、電通とそこまで給料は変わらないという情報があります。
役職が付くと、かなり差がでてくるようです。生涯年収にもかなり一般会社員と比べると差があると考えられます。
新卒や中途でも、一般的な会社員の平均賃金や平均年収と比べてみても高いのは明らかです。
新卒の入社先・転職先の人気が高いのも当然です。
学生の内にインターンなどをしておくと、採用を有利に進めることができる可能性があります。
女性には、正社員雇用よりも派遣社員、契約社員や正社員を見越した紹介予定派遣、アルバイトが人気のようです。
障害者雇用もしています。男性の特典としては、とにかくモテるということがいえるでしょう!
博報堂は採用を積極的に行っていますので、準備を万端にしてチャレンジされてはいかがでしょうか?

 

 


 

 

 

 

 

博報堂の中途採用の方法について

 

中途採用の方法についてですが、博報堂の中途採用のチャレンジの仕方としていくつかの方法があるようです。

 

1つ目が、インターネットなどから情報を得て中途採用に自分で応募するという方法です。

 

これは様々な媒体から情報を集め、自分で応募していくので、人事の方などと直接やり取りすることが出来ます。
日程の調整やその他、様々なことを自分でマネージメントしなければなりませんが、間に誰も通さないので、余計なトラブルなどを防ぐことが出来ます。最初から最後まで自分の力でという人には良い方法ではないかと思います。

 

2つ目が、職業紹介会社を通すということです。
これは会社にもよりますが、自分がどうして転職したいかなどをコンサルタントを通して改めて見つめなおしていくなど、自分について改めて知る機会や、エントリーシート、面接対策などを行ってくれるところもあるので、技術的な部分でもサポートしてくれるという利点があります。

 

ただし、会社によっては博報堂の中途採用に関する案件を持っていなかったり、コンサルタントの判断で博報堂は無理とされてしまい他の企業を進められるという場合もあります。
採用職種としてはプロデューサー、アートディレクター、プランナー、コピーライター等が存在しています。
クリエイティブ部門と呼ばれている場所で、花形になります。
未知の領域に飛び込む場合には転職の専門家を使うのが一番です。