旅行会社の中途採用

旅行会社の給料

旅行会社は旅行代理店とも呼ばれ、他業種と比較しても中途採用の転職希望者が多いのが特徴です。

大手のJTBなどは、「若干数(人数不明、多分少なめ)」の中途採用募集にたくさんの人が殺到します。

お給料も正社員の場合で182,000円〜(額面)と、中途採用の中でもそう高いわけではないのにこれだけこの業界が人気なのは「旅行が安くできそう(社割があるところは多いです)」「勤務時間がきっちりしていそう」「高卒以上・経験不問」というイメージがあるからかもしれませんね。


JTBやHISなどの大手会社だと、福利厚生もありますし、住宅補助もそれなりにもらえます。

ボーナスに関しては景気やイベントに影響されやすい業種なのでなんともいえませんね。

高給の給与を求めてくる人が多いというよりも、やはり先ほども書いたように楽しそうとか社割でどこか行けそうとか考える人が多いのではないでしょうか。

 

旅行会社の中途採用の現状

旅行会社の中途採用の現状ですが、ネットで探してもけっこう「経験不問・高卒以上の中途採用正社員募集」という企業もあります。小・中規模の企業などは、ちょっと求人情報誌などで探してもすぐに見つかるそうですよ。

大手の旅行会社も、以前と比較しても明らかに中途採用者の就職が増えてきています。こちらの場合はすぐにカウンターに座ってお客にサービスを提供できるような、即戦力の人材を求めているようです。

 

旅行会社の社会人採用

旅行会社の社会人採用は、以前とは違い異業種からの転職が増加傾向にあるようです。特に注目が集まっているのは元・SEやイベント会社の企画担当だった方。

それは、旅行の予約・手配を電話やFAXの他オンライン接続されたPCでも行うようになった為や、ネットなどで旅行の宣伝が多様化しているために魅力的なイベントを作らなければいけない為、専門知識を持った人材が欲しいということもあるようです。ただ、なかなか人材が集まらないのが実情のようで、エンジニアの中途に関しては旅行会社大手のJTBなどでも常時求人をかけているのが現状です。
逆に言うと、エンジニアにとっては中途採用は売り手市場。今までの経験を生かすチャンスです!

 

中途採用は契約社員

旅行会社の中途採用はほぼ契約社員として採用されますが(ものすごく優秀な社会人としての前歴をお持ちの方はいきなり正社員入社になるそうですが)、多くの旅行会社では正社員登用試験を行っており、正社員登用率が9割を越える企業もあるようです。

試験の受験資格は「1年以上の継続勤務(ここは会社によって異なります)」「本人の強い希望」「所属長推薦」の三つが必要です。


中途採用で長い期間旅行会社に勤務したい方は、ただ正社員にこだわるだけでなくこういった登用方針も視野に入れて会社を探してみてはいかがでしょうか。

 

就職する際に

旅行会社に就職する際、様々な国の言葉が使えれば海外業務に有利…ということもあるかもしれませんが、メインで使用するのはやはり英語のようです。

スキルアップして中途採用試験に臨もうと考えている方はあれこれ手を伸ばさずに、英語だけに特化したほうがよさそうです。
添乗員業務ならば、海外に業務するなら英検2級程度の語学力が欲しい、もしくはTOEICでこのくらいのスコアが望ましい(海外勤務なら700点以上希望のところが多い)…などという目標ラインを設定しているところも多いですので、応募の際にそれらの証明書があるならば必ず持参しましょう。