出版社の中途採用

出版社の中途採用とは?

出版社の中途採用は大手企業よりも中小企業に多いのが特徴です。社員が退職したら補充要員として中途採用募集をかける、というような

 

形をとっているようです。そのため、いつこの時間に中途採用求人のエントリーを行いますという告知がされるわけではないので、情報収

 

集力が求められます。
面倒かもしれませんがこれも就職の際の試験の一つと思って、情報の効率的な集め方を考える努力や工夫をしてみましょう!
情報を事前に収集して準備することは、面接など試験に合格するための秘訣になってきます。

 

出版社の求人

出版社の求人形態で最近増えているのが「業務委託」というものです。これは主に雑誌のライターや編集者などに多く取られる形式で、雇われた側は自営業(フリーランス)の扱いになります。意外と出版社が中途採用をとる場合、正社員雇用はは主に営業の募集が多いようです。
たまに編集の正社員もありますが、その場合は書籍の編集職やアルバイトなど、編集出版にまつわる業務経験のある人材が優遇されるようです。

 

中途採用と派遣について

中途採用ではなく派遣やアルバイトという形で仕事をするという手段もあります。
一番早い方法は出版業界の求人サイトの出版.COMや、派遣サイトのマイナビやマイコム、リクナビなどに登録して仕事を探すことです。
出版.COMは、職種で探すという項目がトップページにあるので、出版社でもどのような職種を狙っていくかという参考になります。他にも業界の専門用語や知識をわかりやすくまとめてあるので、中途採用で正社員を狙っている人も一度は目を通しておくと良いかと思いますよ。
一方アルバイトですが、こちらは採用基準が厳しいことと経験者のみ採用の出版社も少なくない為、仕事をするのは難しいようです。
中途採用を希望している人にはアルバイトは厳しい(未経験可は少ないみたいです)ですが、出版社勤務は経験しておくと優遇されるので、長期スパンでの就職を考えている人や正社員登用を検討されている方はそういう視点で仕事を探してみてもいいかもしれませんね。
紹介予定派遣なども考慮してもいいかもしれません。

 

出版社の中途採用ランキング

ランキング上位の大手の出版社への中途採用による転職を狙っている人もいるかもしれませんが、出版業界は書籍・雑誌の売り上げが落ちている為に衰退し始めています。

 

大手雑誌社の人気漫画雑誌が突然廃刊になったりしていることからも、出版社側も色々と手をこまねいている状況だといえます。
そんな出版業界ですが、今注目を集めているのが「電子書籍」や「オーディオブック」です。電子書籍はPCでダウンロードできるデジタルデータ化された書籍や漫画です。一方オーディオブックは「聴く」本で、車で通勤する人の多いアメリカではiPodダウンロードなどで人気が上がってきているそうです。

 

就職の人気ランキング外にいる会社が、現在そのような技術に積極的に取組んでいたりしていますので、中途採用に注目してみてはどうでしょうか?この二つは転職を希望するならば押さえておいても損はない知識だと思いますよ。

 

出版社の志望動機について

出版社の志望動機は、記入がとても難しいものです。
マスコミ希望者にありがちな憧れや給与、漠然とした「この仕事に関わりたい」というものでは採用する側もこれで大丈夫なのかと考えてしまうかもしれません。社会人経験があり多少の自己発言経験があるであろう中途採用者にはなおさらです。
出版社にとって欲しい人材は、「将来性のある人」です。出版業は長いスパンで人を見て、適した部署に配属していきます。「これしかやりたくない!」という主張は、下手をすると使えない人材だと判断しかねられません。
ならばどうすればいいのかというと、自分はこのような「素材」であるということを強烈にアピールすることが大切になります。それを短い時間で、志望動機と交えていかにPRするか。自分のPR能力の試されどころですよ。