テレビ局の視聴率と中途採用

スポンサードリンク

テレビ局の視聴率は、テレビ局の人気を計るひとつのバロメータです。これは中途採用にも関連しています。 高い視聴率をとるために、各局のプロデューサーやディレクターや番組制作会社は頭をひねって新しい番組や魅力的な企画を考えたり、人気タレントや今一番話題の人を人気番組やcmに出演させるべく交渉したりと日々努力しています。 テレビ局は、それらを考えられたり(企画)、実行すること(出演交渉など)ができるというスキルを中途採用者に求めています。そのためには常に周囲にアンテナを張り、新鮮な情報を仕入れられるようにしておくことが必要です。

テレビ局対策本などはこちら

テレビ局の中途採用とは

テレビ局に限らず中途採用を希望する方にとって、インターネットは就職活動には欠かせないツールになっていると言えます。 それは、多くの会社が、まず新卒・中途採用にかかわらず入社試験の第一歩としてパーソナルエントリーを必須とし、その方法としてインターネットを用いているからです。就職希望者が多く殺到する人気企業ほどその傾向は強く、そういった会社への中途採用を希望するならばインターネットの環境を整えておいたほうが、のちのち有利に働くかと思います。

テレビ局の中途採用

テレビ局は今テレビで見るだけではなく、アンテナをつなぐことでパソコンでもテレビの放送が見ることができるようになっています。また、議会中継やスポーツ中継などといった動画配信をするインターネットテレビが2001年に「INTERNET-TV」よりサービスを開始し、コンテンツとして動画を用いた通販番組を行うなど(現在はINTERNET-TVでの通販番組は休止中です)新たな表現方法としても注目されています。 こういったインターネットテレビでは、高度化する情報配信に対応したシステムを構築したり、魅力的なコンテンツを開発する人材として、業務経験を持つ中途採用者に期待が集まっています。

テレビ局の採用と今後の行方

テレビ局は現在薄型テレビが主流になっています。技術もどんどんと進歩し、最初は数えるほどだった薄型液晶テレビも、今ではテレビやネット通販でもお得な値段で取り扱われ、多くのcmを見るほどになりました。それはおそらく、2011年から開始される地上デジタル放送の影響もあるかと思います。 大手電機メーカーのシャープやパナソニックの系列会社も、液晶薄型テレビの技術力強化のために即戦力となる開発部門の中途採用を積極的に行う方針を打ち出しています。中途採用者には機構専門知識やI-CAD/3D-CADの操作、原価管理知識や材料知識を求められています。プラスアルファとして、語学力があるとさらに優遇されるということです。英語のほか、今は中国語の会話ができると歓迎される企業もあるそうですよ。

テレビ局と中途採用募集

テレビ局の中途採用募集は高度化しています。 それは、テレビの進化が進んでいることが影響しています。ハイビジョン放送が始まってからは、画質の高精細化が進み、あわせてハイビジョン対応のメイクやDVDなどといった商品も数多く発売されました。 それによって、それらに対応した映像制作の行える人材を求めて中途採用募集を行う企業が増えてきています。 そういった映像制作の中途採用で求められているのは、Adobe社の映像編集ソフトなどが使用できる上CG・ノンリニア編集ができ、「かっこいいもの」を作る技術を持っている人材です。これから中途採用で映像制作の世界に飛び込もうと思っている方は、これらのパソコンソフトを扱えると就職の際も大きな武器になるのではないでしょうか?