テレビ朝日の採用について

スポンサードリンク

テレビ朝日の採用ということですが、まず明確にしなければならないのは自分がどういったビジョンを持っているかということです。 テレビ業界は生き馬の目を抜くような業界ですので、具体的なプランも持たずに流されていく人間ではすぐに消えてしまいます。 人より抜きんでるという意味はもちろんのこと、何よりもその激務に体がもちません。華やかに思われがちなテレビ業界ではありますが、 下っ端の期間は他の業界のさらに上を行く泥臭さが待っているのです。 テレビ朝日の採用情報を見てみるとアナウンサー部門に関しては既に締め切られています。

テレビ朝日の募集職種

テレビ朝日の募集職種ですが、現在募集しているのはコンテンツ制作部門・テレビビジネス部門・技術部門・美術部門となっています。 基本的には、新卒採用であれば、営業・経理などバックオフィスも含めた全職種になります。 こちらは1月からWEBエントリーを開始が始まりますので、まずは各地で行われているセミナーや会社説明会に参加すると良いでしょう。 上気したテレビ朝日の採用情報は新卒の物ですが、テレビ朝日の採用情報を見てみると中途採用の情報も公開されています。 一度確認をされて見るといいでしょう。ホームページは必見です。

テレビ局対策本などはこちら

テレビ朝日に採用されるためには?

テレビ朝日に採用されるためにはどうすればよいのか? 人によってもちろん違うこともありますが、テレビ業界というのは誰もが一度はあこがれを持つものだと思います。 テレビ業界に採用されるためには、 通常の採用枠から入るか、脇道から入るかの2パータンになります。 それでも狭き門であることに違いはありません。 下っ端のADでもテレビ業界の人間ということになりますので、この辺りは言葉の選びようです。 ここではテレビ局の中でもテレビ朝日で採用されるためにはどうすれば良いのかという方法紹介します。

テレビ朝日の試験

テレビ朝日の試験は、新卒、中途採用ともにエントリーシートから入り、面接を通過しないといけません。 とても狭き門ですので、採用請負をやっている業者がいますのでそこを使うのも一つでしょう。 もしくは、ディレクターやプロデューサーを目指しているのなら、地方局や下請け会社から入って仕事の成果や能力を認めてもらうという 方法もあります。 ディレクターでいえば、視聴率がいかにとれるかが重要なので、力があればのし上がれるといっても過言ではありません。 しかし、下請けなどから入るとキー局や地方局に密接な接近は難しいかもしれません。 そこから考えると、何より情報を持っている採用の業者を通じて入社を試みるのが一番です。 あとは、コネがあるといいです。コネクションは色々な色眼鏡で見られますが、実力と同じものなので有意義に使う必要があります。 どうしたら得られるかは、テレビ関連に近い人に接触するのが一番です。 ひとまず、情報収集なども兼ねてアルバイトや、番組観覧、見学などで雰囲気をつかんでみてはいかがでしょうか? アルバイトは結構人によって正社員の人と仲良くなれるのでおすすめです。 派遣社員もありますが、紹介予定派遣のような制度はなかなかなく、短期的なバイトから攻めるの早いかもしれません。


テレビ朝日の年収

テレビ朝日の気になる年収ですが、2007年度の決算データから年収水準と経営状態から分析すると、30歳時推定年収 806.3万円らしいです 。 マスコミ、広告業界はお金が流れやすいため給与が高い傾向にあります。 また、テレビ局に限っていえば、基本の給料・給与は30歳まではさほど高くないのですが、そこから年収を算出するのではなく、 残業の時間が相当数あるため残業代が大量につくこともにより、爆発的に年収が跳ね上がると考えられています。 アシスタントディレクター(AD)やディレクター、プロデューサーなどはもちろん報道、バラエティ番組、営業、バックヤードともに全体的 に忙しいようです。 それは、基本的にテレビのCM枠は各企業が抑えたい場所であり、各部門はそこから収益を得ているため色々と緊急で調整が入ったりするた め全体的に忙しくなるのです。 ですので、キー局と言われるテレビ局へ入社する場合には残業などは普通にあると考えて入社されるといいでしょう。 その代り、平均年収と生涯年収は相当高いのでお金に困ることはあまりないと考えられます。福利厚生、住宅補助、ブランドなども合わせ てついてきます。