テレビ局の仕事とは?

スポンサードリンク

テレビ局の仕事は多岐に渡っています。「業種のデパート」と表現する方もいるほど、その種類は豊富です。 種類としては大きく分けて制作部、報道部、編成部、営業部といった部署が表立ったところですが、他にもクロスメディア担当(WEBコンテンツやデータ放送などの運営管理ですね)一般の企業と同じように総務や技術、技術セクションといった業務もあります。中途採用では、即結果に結びつく企画(プロデューサー、ディレクター)などに募集がかかることがあるようです。 仕事が大量にある上、テレビ局の仕事はハードです。テレビ局の正社員だけで24時間365日の放送をまかなうのは困難な為、番組制作などは外注に委託しているテレビ局はたくさんあります(実際、ほとんどの放送局がホームページで番組制作者に企画募集を募っています。)。 もしテレビの番組制作を希望して局の中途採用を待っている人は、制作会社を探してみるのも手です。正社員雇用で安定した年収の会社も探せばきちんと見つかりますよ。

テレビ局対策本などはこちら

テレビ局の就職

テレビ局は就職希望の大学生にとっても憧れの職業ですが、なぜかテレビ局は中途採用の求人をよく見かけます。それは、入社してみると想像と現実のギャップが大きいために辞めてしまう人が多い為に、人員補充と言う意味でも中途採用が増えてしまうからだと思われます。 実際、テレビに出演するのはアナウンサーなど一握りの社員のみで、他の社員は裏方に徹するのがほとんどで、体力が必要な職業です。テレビ局への転職を考えるときは、どのようなセクションで働きたいのかなどといった自分の考えを持つことが大切です。

テレビ局の採用情報

テレビ局の採用情報は、新卒のものは大きく取り上げられても中途採用のものはなかなか見つからないものです。リクナビやマイナビの新卒向けの就職フェアにはブースがあっても、転職フェアにはない…というのもよくある話です。それは、企業としてのテレビ局側からすればエントリーの受付をしておけば黙っていても中途採用希望の人はたくさん集まってくるから、別に大きな宣伝を打たなくても問題がないという理由があるからかと思います。 だからこそ、求人される側はしっかりと網を張って情報を確実につかむ必要があります。転職するならば「この職業に絶対就く!」という気構えで自主的に情報収集をしなければ、いつまでたっても自分のやりたい仕事は見つかりません。テレビ局でもどんな会社でも、「やる気」は採用の大きなポイントになりますしね。

テレビ局に入社するためには?

テレビ局に入社したい!と決意して就職・転職活動を始める方もいらっしゃるかと思いますが、「自分のセールスポイントは?なぜテレビ局で働きたいのか?」という問いには答えることができるでしょうか。新卒採用の学生ならまだしも、中途採用希望者が「情報を自分の手で発信したいんです」だけではどう考えても面接官は採用する気にはなれないと思います。 新卒採用者と中途採用者の一番の違いは社会経験、他の仕事を経験していることにあります。それは大きな武器であるのです。自分はどのような職業をしていて、なぜその職業なのか、どのようなことを学び、それをこれからいかに生かすか、などといった内容を自分の言葉で最初に述べた問いに関して答えることができれば、話を聞く側の面接官も興味をひかれるのではないでしょうか。

テレビ局

テレビ局でも特に人気があり、入社希望者が多いのがフジテレビジョンです。高視聴率の番組を多く持つ民放のトップブランド的存在であるだけでなく、給料も20代で月26万以上、30台では35万以上と同年代で他業種の給料よりも高く、年収、初任給もハイレベルであることも人気の一因であるようです。新卒の採用も高倍率の狭き門で有名ですが、中途採用も負けてはいません。「若干名(人数は不明)」の募集に、たくさんの募集が集まります。 この会社は採用情報をホームページ上で公開しており、新卒・中途採用ともにそのページからエントリー登録をする必要があります。ただ、採用情報を公開したと思ったら応募過多ですぐにエントリーの受付を締め切るということも十分ありえますので、転職を狙っている方はまめな情報チェックが必要になります。