ヤマダ電機の中途採用

スポンサードリンク

ヤマダ電機の中途採用大量募集、という求人記事をインターネットなどで見たりしますが、会社のホームページでの雇用は正社員としてではなく、「契約社員」としての中途採用というのが現状のようです。

実はリクナビNEXTなどの転職サイトを無理に探さなくても「営業事務」という形でハローワークインターネットサービスにも登録されているので、ヤマダ電機関連の仕事への転職を考えられている方は、ハローワークに行ってみるのも手段の一つです。

就職面接 対策本などはこちら

家電業界の中途採用情報

家電業界でトップのヤマダ電機の中途採用の情報は見つからないと思いきや、けっこう2ちゃんねるなどでも話題になっているようです(けっこう厳しい意見が並んでいるようですが)。

ヤマダ電機の筆記試験は新卒の試験の中でも特に簡単と言われていて、「電機」「日立」「東芝」「三菱」「まえむき」「せっきょくてき」「くふう」「けいぞく」などの漢字の読み書き(!)ができるかとか、レジで実際に計算するような数字の引き算が中心のようです。基本的に、家電業界で働いている人は派遣の人が多いです。あとは、メーカーやソフト会社のアルバイトや派遣をうまく使って他社の製品などを販売していますので。

家電業界の中途採用(高卒について)

家電業界の中で、、ヤマダ電機の中途採用は高卒以上、という学歴条件のようです。
基本は契約社員から正社員というステップを踏むのが基本で、これは大卒でも高卒でも変わりません。 ヤマダ電機の契約社員と正社員の一番大きな違いは賞与(ボーナス)があるかないかで、契約社員の場合はボーナスがない分契約手当ということで月3万ぐらいの給料の上乗せがあるそうです。
ヤマダ電機の契約社員の場合、残業代プラスして手取りが20万くらい、ということですが(20歳くらいの場合)、同じくらいの年齢のヤマダ電機正社員もあまり変わらないということです。年齢によって給料が上がっていくので、ある程度年齢を重ねてから転職すると、お給料が多くもらえるかもしれません。


家電業界の事務の中途採用

家電業界のドンである、ヤマダ電機で事務職の中途採用を募集することはあまり無く、もっぱら労務人事などの事務系人員は新卒社員から登用するのが現状です。
中途採用の場合はほとんどが店舗スタッフとしての募集です。お近くの店舗での勤務を希望する場合は、新聞の折込チラシなどを確認するといいと思います。高い確率で契約社員の募集が掲載されていますよ。 その場合はヤマダ電機に履歴書を郵送→書類選考→面接という選考方式になるようです。面接も意思確認程度のものになるようです。

家電量販店の中途採用情報

家電量販店の中途採用は、ヤマダ電機以外にもヨドバシやビック、ケーズなど他の家電量販店よりも多く出回っていて、チラシやハローワーク、(時々ですが)リクナビなどでも求人情報をみつけることができます。
家電量販店はヤマダ電機に限らず転職組の中途採用の割合が高いため、ホームページなどでも頻繁に店舗スタッフの募集を行っています。仕事内容もかなり似通っているため福利厚生や収入などで比較のしやすい業界ともいえますね。